大切なペットとの最後のお別れを後悔しないためにも…最良のペット火葬・葬儀会社の口コミや評判を紹介します。

ペットと同じお墓に入ることはできる?法律的・宗教的に問題はない?

公開日:2022/08/15


大切なペットが亡くなったとき、家のお墓に入れたり、将来同じお墓に入ったりすることはできるのでしょうか。これは、家族の一員であり、自分の子どものような存在だったペットと一緒に眠りたいという人にとってはとても重要な問題です。今回は、ペットと一緒にお墓に入れるのか、同じお墓に入る方法はあるのかなど解説します。

ペットと人間は同じお墓に入れるのか

法律上では、人間のお墓にペットを埋葬することは禁じられていませんので、基本的にはペットを人間と同じお墓に埋葬できます。

ただし墓地の管理規約にペットの共葬を禁じていないかどうかの確認と、同じお墓に入るであろう他の家族・親族、お墓の名義人の了承が必要です。面倒ですが、人によっては動物と同じお墓に入りたくないと思う方もいるため、必ず確認してください。

法律的に問題なくても宗教的に難しい理由

ペットと人間が同じお墓に入ることが法律では禁じられていなくても、実際にはまだまだ難しい問題です。大きな理由は「六道輪廻(ろくどうりんね)」という仏教の考え方にあります。

六道輪廻

六道輪廻とは「この世に存在するすべての生き物は、六道と呼ばれる6つの世界にあり、何度も生まれ変わる」という考え方です。現世は人間に生まれても、生きている間の行いによっては次も人間に生まれ変わるとは限らないとされています。

つまり、前世の行いが悪かったものが、人間以外の生き物に生まれ変わっているという考え方なのです。「六道輪廻」では、人間以外の動物は「畜生」と呼ばれ、下等な存在とされています。そのため、動物と人間が同じお墓に入ることは、宗教上のタブーとされてきました。しかし、多くの家庭でペットが飼われ、家族同様の存在となるにつれ、この考え方が次第に変化しています。

意識の変化

今やペットは、飼い主にとって家族であり、癒しの存在となっています。子どもや孫と同じくらいに可愛く、いきがいであると思っている方も少なくありません。社会のペットに対する価値観が変わってきたことで、ペットと一緒に入れるお墓が少しずつ増えているのです。

ペットと同じお墓に入るには

ペットと一緒のお墓に入りたいなら、まず民営墓地を探してみましょう。民営墓地は、お寺が管理する寺院墓地に比べて宗教的な管理規定が少なく、ペットが共葬できる可能性が高くなっています。実際にはどのようなお墓があるのか、見てみましょう。

一般墓

最も一般的な供養方法で、家ごと、または個人ごとに埋葬され、代々管理していくお墓です。すでにある一般墓にペットとともに入ることは、前述の通り、管理規定やほかの家族の承諾がない限り難しいです。しかし、ペットと人間を一緒に埋葬できる霊園に新しくお墓を立てるなら、ペットとともに眠ることができます。

ただ、お墓を立てるためには、高額の費用が必要となります。また、お墓の管理を継承する人がいない場合は、無縁仏になってしまう恐れがあります。将来的な供養について心配な場合は、永代供養の方法をおすすめします。

永代供養墓

永代供養墓とは、寺院や霊園が将来にわたり、管理・供養を続けてくれるお墓のことで、後継ぎがいない・遺族や子どもに負担をかけたくないなどと考える方におすすめの供養方法です。一般墓に比べて費用も比較的低く抑えられます。お墓は家族単位で申し込む形が多く、ペットも一緒に埋葬できる霊園は、民営墓地に多いですが、最近では寺院墓地でもペット共葬可のところが増えています。

樹木葬

樹木葬とは、樹木や花を墓石の代わりとする永代供養の方法です。費用も一般墓に比べて安く抑えられるうえ、樹木や花の下に眠れるという素敵な環境が注目され、一般の終活においても人気が集まっています。

埋葬方法には、「合祀」と「個別型」のほか「家族型」が選べます。

「合祀」は、遺骨を骨壺から出し、そのままか布袋などに入れて、他の遺骨と同じに樹木の下に埋葬する方法です。

「個別」の場合は、個人や家族など数人分の区画に遺骨を埋葬する方法で、ほとんどの霊園で一定の期間が過ぎると合祀される決まりになっています。霊園によっては、ペットと一緒に入れる区画を設けているところがあります。ペットとともに自然に還りたいとお考えの場合は、樹木葬を検討してみてはいかがでしょう。

納骨堂

納骨堂とは、骨壺に入った遺骨を建物内に安置するお墓のことで、一定の期間が過ぎると合祀されて永代供養をしていただく形が一般的です。ペットと一緒に入れる納骨堂は全国的にはまだ少ないのですが、東京や大阪などの都心部では少しずつ増えています。

まとめ

ペットに対する意識が変化しつつある日本では、かけがえのない家族の一員とともに眠るお墓は、これからもどんどん増え続けることでしょう。ペットが亡くなってしまうことは、もちろんとても悲しいことです。しかし、そばに寄り添い、笑顔をプレゼントしてくれた愛しいペットが安らかに眠れるように、そしてもう一度そばへ行くために、ペットのお墓について今少し考えてみませんか?

【東京】おすすめのペット火葬・葬儀会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ジャパン動物メモリアル社ペット葬儀110番ペット訪問セレモニー東京オーナーズアイペットメモリアル東京
特徴ペット葬儀部門で堂々の1位に選ばれる24時間365日受付対応で早朝深夜の火葬も可能
「ゼロ次燃焼方式」で特許を正式に所得
安心マークがあり第三者から証明されている安心度
車両での火葬を行わず火葬場で完全個別火葬
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧