大切なペットとの最後のお別れを後悔しないためにも…最良のペット火葬・葬儀会社の口コミや評判を紹介します。

ペットの火葬後、愛と思い出を大切にする方法と供養の選択肢

公開日:2024/02/15

供養の選択肢

愛するペットの火葬後、どう供養するかの検討が重要です。遺骨を手元に置くか、ペット専用の霊園に納めるか、自然に散骨するか、さまざまな選択肢があります。この記事では、心に残るペットの別れと供養方法について解説。ペットとの絆を深め、悲しみを乗り越えるためのヒントを提供しましょう。

ペットの遺骨を手元に置きたい場合

ペットとの別れは飼い主にとって非常につらい瞬間です。その中でも、ペットの遺骨を手元に置いておきたいと考える飼い主は多くいます。

ペットの遺骨を手元に保管することは、愛おしい思い出を大切にし、ペットとの絆を続ける方法のひとつ。ここでは、ペットの遺骨を手元に置く方法について考えてみましょう。

法律上の問題はない

火葬を終えた後、ペットの遺骨を手元に置いておくことは法律上問題ありません。飼い主は安心して供養できます。

骨壺を使った自宅保管

ペットの遺骨を手元に置くもっとも一般的な方法は、骨壺を使用して自宅で保管することです。骨壺はさまざまなデザインやサイズがあり、ペットとの思い出に合わせて選びましょう。保管場所としては、リビングやペットが好んでいた場所がよく選ばれます。

ペット専用の仏壇を設ける

ペット専用の仏壇を設け、そこにペットの遺骨や写真、お気に入りのおもちゃなどを飾ることで、より厳かな雰囲気で供養できます。

仏壇にはさまざまなサイズやデザインがあり、飼い主の好みに合わせて選びましょう。しかし、スペースや家族の理解を考慮することが重要です。

ペットの遺骨を加工したアクセサリー

ペットの遺骨を加工してアクセサリーにすることで、身につけることができます。ペンダントやブレスレットなどさまざまな形状があり、いつでもペットとの結びつきを感じられるでしょう。

外出先でもペットとの思い出をともにできます。ただし、他人に理解されるかどうかを考慮する必要があります。

ペットの遺骨を手元に置かない場合

ときにはペットの遺骨を手元に置かない選択も選ばれています。ここでは、ペットの遺骨を手元に置かない場合の供養方法をご紹介しましょう。

ペット霊園の墓地へ埋葬する

合同墓地や個別墓地に埋葬することで、ペットにふさわしい厳かな供養が可能です。合同墓地ではほかのペットとともに眠ることで、孤独感を軽減させることが期待できます。

個別墓地では、飼い主がお墓のデザインや供え物を選び、ペットに最後のお別れを告げることができるでしょう。ただし、合同墓地では取り出すことが難しいため、慎重な決断が必要です。墓地の管理費も考慮しましょう。

ペット霊園の納骨堂へ納骨する

納骨堂では、合同や個別のプランが用意されており、屋内にあるため雨天にも対応しています。合同プランでは合同慰霊祭が開催され、飼い主が手を合わせられるのです。

永代供養プランも存在し、管理者が供養・管理を担当します。ただし、合同プランでは慰霊祭が行われるため、飼い主の感情やスケジュールに合わせて選ぶことが重要です。永代供養は管理者に任せられる点が魅力でしょう。

自然または庭に散骨する

散骨は、ペットの遺骨を粉骨し、自然や庭に撒く方法です。法律やルールは存在しませんが、許可が必要な場合もあります。事前に確認しましょう。

ペットとの思い出が詰まった散歩コースや庭にお骨を撒ることで、自然の中で安らかな供養が可能です。しかし、ほかの人々を尊重し、不快にさせないよう留意しましょう。

ペットの供養を行う際に気を付けたいポイント

ペットの供養を行う際には愛情と慎重な検討が必要です。ここでは、大切なペットを心ゆくまで送り出すために、供養に関するポイントを紹介します。

適切な供養方法を選ぶ

ペットの供養方法はさまざまです。自宅供養、霊園での埋葬や納骨、散骨など、飼い主の希望やペットの性格に合わせて選びましょう。

各供養方法の特徴やメリット・デメリットを理解し、ペットとの最後の瞬間を思い描いてください。

自宅供養の際の注意点

自宅でのペットの供養は心に残るものになりますが、湿気や事故による骨壺の倒れなどに注意が必要です。湿気対策や吸湿剤の使用、ほかのペットや小さな子どものいる場合の配慮など、飼い主自身ができるケアが求められます。

ペット霊園の選定

ペット霊園を選ぶ際には、アクセスや雰囲気、スタッフの対応などがポイントとなります。自宅からのアクセスがしやすい場所や見学を通して雰囲気を確かめ、信頼性のあるスタッフがいるか確認することが大切です。

見積もりと料金の透明性

ペット霊園や火葬業者においては、料金の透明性が求められます。見積もりを詳細に確認し、後から追加料金が発生しないように注意しましょう。

また、安価なプランに魅力を感じても、しっかりとしたサービスやスタッフの質にも注目が必要です。

将来の変化を考慮した選択

引っ越しや生活の変化が予測される場合、供養方法を選ぶ際に将来を考慮することが大切です。現在の住まいに埋葬した場合、後々のトラブルを避けるためにも慎重に判断しましょう。

まとめ

ペットの供養には手元に遺骨を置く方法や火葬後の供養法があります。遺骨を手元に置く場合、骨壺や仏具で家族の中に収める方法が一般的ですが、霊園や納骨堂での供養も選択可能です。一方で、手元に置かない場合はペット霊園や自然に還す散骨があります。

注意すべきは、湿気による遺骨のカビや供養先の選定、アクセスやスタッフの対応、透明性のある料金設定など、ペットの最後の別れに際して慎重な検討が必要です。

【東京】おすすめのペット火葬・葬儀会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ジャパン動物メモリアル社ペット葬儀110番ペット訪問セレモニー東京オーナーズアイペットメモリアル東京
特徴ペット葬儀部門で堂々の1位に選ばれる24時間365日受付対応で早朝深夜の火葬も可能
「ゼロ次燃焼方式」で特許を正式に所得
安心マークがあり第三者から証明されている安心度
車両での火葬を行わず火葬場で完全個別火葬
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
ペット火葬・葬儀会社コラム