大切なペットとの最後のお別れを後悔しないためにも…最良のペット火葬・葬儀会社の口コミや評判を紹介します。

ペット葬儀社を探し始めるのはいつからが最適?

公開日:2022/04/15


愛するペットとのお別れは、誰しも想像したくないものです。「そろそろペット葬儀社を探しておいた方がいいのかしら?」と思っても、つい先延ばしにしてしまう人も多いでしょう。しかし、早めに準備しておいた方が、心穏やかにペットをお見送りできます。この記事ではペット葬儀社はいつから探し始めればよいのか、詳しく解説していきます。

葬儀社探しをするタイミング

突然のお別れの場合は仕方ありませんが、大切なペットが息を引き取ってから葬儀会社を探すのはとても大変です。悲しみの中葬儀の手配に奔走することになってしまい、ペットとの最後の時が慌ただしく終わってしまうかもしれません。また、葬儀の形式は動物の種類によって異なるので、充分なお見送りができなくなってしまう可能性もあります。

できれば生前に葬儀会社を決めておいた方がいいでしょう。動物病院で余命を告げられたら、旅立ちの数日前には葬儀会社を選び終えて準備しておくと慌てずにすみます。もしも高齢のペットがいる場合には、まだ元気なうちから家族でどのようにお見送りしたいか話し合っておくと納得のいく形でお別れできるでしょう。

安置が可能な期間も考えて早めに決めよう

ペットが亡くなった後、火葬・葬儀をするまでどの位自宅に安置できるかはご家庭によって違います。自宅で安置できる期間を確認しておくと、ペット葬儀社を探し始めるタイミングが判断しやすくなります。

ペットはどの位の日数安置できるのか

一般的にペットが亡くなった時には、飼い主が体を清めて安置します。プロが行うわけではないので、あまり長い日数自宅に安置しておくことは難しいでしょう。事前の準備や季節などにもよりますが、犬や猫の場合は亡くなってから2日位までが安置可能な期間とされています。

ペットが亡くなった当日に葬儀をする場合もある

仕事や自宅のスペースの問題など、いろいろな事情から早めに火葬・葬儀を行う飼い主もいます。ペットが亡くなった当日、中には亡くなった数時間後には火葬・葬儀する場合もあります。もしも早めに最後のお別れをしなければいけない事情がある場合は、ペットが元気なうちに葬儀会社を探しておいた方がよいでしょう。

周囲に葬儀をせかされる場合もある

ペットが亡くなった時に、周囲の人が厚意から「すぐに火葬しないとかわいそう」「家に置いておかない方がいい」などとアドバイスをくれる場合もあります。

けれども気持ちの整理がつかないまま無理にお別れしてしまうと、悲しみが深くなってしまうことになりかねません。安置する場所がよほど暑い場所でもない限り、1日位でかわいそうな状態になる可能性は低いです。周囲にせかされる形で不本意なお別れをしないように、安置する期間について事前に考えておきましょう。

葬儀社を選ぶときのチェックポイント

家族同然のペットをお見送りするのですから、親身になってくれるペット葬儀社を選びたいものです。

ここからはペット葬儀社を選ぶ際のチェックポイントについて解説していきます。どのような点をチェックするとよいか把握しておけば、希望する形でペットと最後のお別れができるでしょう。

利用者の口コミ

実際に利用した人の口コミは重要な判断材料になります。利用者の感想を読めば、プランの提案や対応などの面で気持ちに寄り添ってくれる会社なのかが分かります。口コミの内容だけではなく、掲載された日付もチェックしましょう。あまり古い口コミだと、同じような対応ができなくなっている可能性もあります。判断材料にする場合は、比較的新しい日付の感想を参考にするとよいでしょう。

葬儀プランや料金

ペットをお見送りする形は、たくさんあります。火葬のみの場合もあれば、葬儀まで行う人もいます。ペット葬儀会社を選び始める前に、家族でどのようにペットと最後のお別れをしたいのか話し合っておくとよいでしょう。希望するお見送りに近いプランがあるペット葬儀社に依頼すれば、納得のいくお別れができるはずです。

また、必要な料金が分かりやすく表示してあるかは重要なポイントです。追加料金などが発生して、思った以上の高額な請求に驚かないためにも、問い合わせや見積もりの段階でしっかり確認しておきましょう。

火葬や納骨の方法・施設についての説明

ペットの火葬方法は希望により複数の方法から選べます。他のペットと一緒に火葬する合同火葬や、一緒にしない個別火葬、移動火葬車を使い自宅などで火葬する場合もあります。お骨の供養の方法も多く、共同墓地へ埋葬したりペット霊園にお墓を立てたりする他、自宅など手元で供養する人もいます。

ペット葬儀会社によって可能なサービスが異なるので、希望する方法で火葬やお骨の供養ができるか確認しましょう。また、提携しているお寺や葬儀を行う施設、納骨する施設などについて分かりやすい説明があるかは重要なポイントです。もしも、お盆やお彼岸などでお墓にたびたび訪れたい場合には、アクセスしやすいかどうかも考慮に入れておきましょう。

 

何も準備がないまま大切なペットが亡くなり、充分なお見送りができなかったと後悔するのは辛いことです。葬儀会社を早めに選んでおくと、心穏やかに大切なペットと最後のお別れができます。どのように最後のお別れをするのか、ペットが亡くなる前に話し合っておくとよいでしょう。

【東京】おすすめのペット火葬・葬儀会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ジャパン動物メモリアル社ペット葬儀110番ペット訪問セレモニー東京オーナーズアイペットメモリアル東京
特徴ペット葬儀部門で堂々の1位に選ばれる24時間365日受付対応で早朝深夜の火葬も可能
「ゼロ次燃焼方式」で特許を正式に所得
安心マークがあり第三者から証明されている安心度
車両での火葬を行わず火葬場で完全個別火葬
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧